作成者別アーカイブ: hair10

育毛剤はマイナスからの始まり

育毛剤を使ったところで
いきなり効果が出るものではありません。
育毛剤を使うということは、抜け毛や薄毛などの
悩みを抱えているからでしょう。
言えば、今の状態はマイナスの状態です。
育毛剤を使用してもはじめはマイナスの状態です。
急激にプラスになるわけではなく、
それがプラスにするにはそれ相応の努力が必要でしょう。
なかなか効果が出ないと思い悩むのではなく、
マイナスからのスタートですので、
まずはプラスマイナスゼロにすることを
目標としなければならないのです。
プラスマイナスゼロの状態とは、
頭皮を元気にすることです。
抜け毛や薄毛が気になる時はマイナスの状態です。
頭皮が傷んでいるときなのです。
この頭皮の傷みを改善できればゼロの地点に到達です。
そこから健康な髪が生えてくるようになればプラス!
プラスになるまでのその月日は長いかもしれません。
しかし育毛剤の効果を出すには根気と努力が必要です。
育毛剤は最低でも半年は継続すること!
この育毛剤の常識は知っておきましょう。
育毛剤はマイナスからの始まりです。
最初の目標はプラスマイナスゼロにすること!

育毛剤と冷え性改善

薄毛と冷え性は関係がなさそうですが、
実は両者はとても深く関わり合っているのです。
冷え性とはその名の通り冷えやすい体質のことを言います。
いつも手足の先が冷たい!
そんなアナタは血行不良のようですね
食事などから摂取した栄養は
血液と一緒に血管を通り身体の隅々まで行き渡ります。
しかし血行不良の場合、頭皮まで栄養が流れず、
細胞の働きは低下し髪の成長の妨げとなるのです。
育毛にとって冷え性は大敵です!
育毛剤を毎日ひたすら頭皮に塗り続けていても、
冷え性を改善しなければ育毛効果は期待できません。
ただ重ね着で冷えを凌ぐのではなく、
冷え性の原因を改善しなければなりません。
冷え性を無くすというよりは血流を促進させる方向で
考えていくといいですね
血行促進には食生活は非常に大事です。
バランスよく栄養を摂り、規則正しく食事を行いましょう。
そして適度な運動も血行不良改善には非常に有効です。
半身浴も効果的でしょう。
ぬるめのお湯でのんびり結ったりと湯船につかっていると
身体の芯から温まります。
同じに血流も促進されますので、
時間がある限り是非試してみてください。

育毛剤選びと成分

育毛剤選びは名前で決めている!
と言う方は育毛効果を期待できないと思っていいでしょう。
いくら知名度の高い育毛剤でも
必ず効果が出るという保証はありません。
あくまでも効果には個人差があります。
ではどのように育毛剤を選べば良いのか
成分はしっかりチェックする必要があります。
何であれ、やはり刺激がなく安心して育毛できるものを
使いたいものです。
男性用の育毛剤に多いのは
アルコールが含まれているものです。
男性は皮脂分泌が多いため頭皮をスッキリさせるために
アルコールが配合されています。
しかしアルコールは頭皮に刺激を与えますので、
注意しなければなりません。
その他にも刺激が強い成分には注意しましょう。
育毛剤の作用にはいくつかの目的別に分かれています。
血行を促進、男性ホルモン抑制、毛母細胞の活性化、
頭皮殺菌、過剰な皮脂の除去、
頭皮の炎症改善、栄養補給、保湿などとあるように、
薄毛の原因に合わせた育毛剤の選択が必要です。
知名度や宣伝文句だけで選ばずに
自分に合うのかどうか、
そして頭皮に安全な成分であるかどうかをしっかりと確認し
選択していきましょう。

育毛剤は香料が使われていないものを

ほとんどの育毛剤にはさも当たり前かのように
香料が含まれています。
この香料は育毛剤に必要ですか?
実際に香料は気持ちをリラックスさせる効果はあります。
しかし香料は長期間使い続けると肌や身体に
悪影響を及ぼすものもあるのです。
香料は肌から内部に浸透し
アレルギーや内分泌攪乱、神経毒、
偏頭痛や発ガン性の危険がある物質でもあるのです。
ですが全てが危険な香料ではありません。
植物から抽出した天然成分の香料は
アレルギーの不安はありながらも
身体に直接危険を及ぼすものではありません。
アレルギーの有無はしっかりと確認しておきましょう。
危険とされる香料は石油や化学薬品などから
作られた合成香料のことです。
育毛剤の中には植物抽出由来の香料を
使用されているものもありますが、
僅かでも化学成分の香料を使っていれば
それは危険とみなさなければなりません。
中には香料と記載された粗末な成分表の育毛剤も
存在しています。
これだけでは判断できません。
1番安全なのは無添加・無香料の育毛剤です。
購入の前にしっかりと成分を確認し
使用するようにしてください。

育毛剤の邪魔者「ストレス」

人は誰でも日々ストレスと向き合って
生活しています。
どんなに小さなストレスでも
積み重なればそれは大きなものになります。
ストレスは髪にとって最も邪悪なものとして
捕らえるべきでしょう。
ストレスを受けると血管が収縮されます。
自律神経が緊張を感じ、そして血管が収縮するのです。
血管が収縮されると当然血流が悪くなります。
頭皮への血流が悪くなり栄養が行き届かなくなるのです。
抜け毛や薄毛が気になっている方は、
自分のストレスの状態を思いなおしてみてください。
また育毛中の方は、ストレスが溜まっていると
効果が半減してしまいます。
希望はノンストレス生活ではあるのですが、
普通に生活していくうえでのノンストレス生活は
非常に難しいでしょう。
ストレスは受けて当然です。
しかし発散できているかできていないかで、
大きな差が出ます。
ストレスを受けないようにするのではなく、
ストレスは仕方のないものだと諦めるのでもなく、
解消することを意識していきましょう。
育毛剤の効果が出ない・・・
この焦りもストレスに繋がります。
焦らずのんびりと育毛効果を待ちましょう。

育毛剤のAtoZ

育毛剤とヘアケアグッズで効果アップ

ただ、毎日ひたすら育毛剤を頭皮にもみこむ作業を
繰り返しているだけの生活。
この作業は正しいことですが、どうせなら
もっと有効に効果が期待できるように努力してみませんか?
育毛剤の使用に併用しヘアケアグッズを!
シャンプーの際に頭皮のマッサージができるグッズ、
最近は電動のものまで普及しています。
頭皮マッサージは髪に良いということはわかっていながらも、
力加減がわからないだとか、
頭皮に負担がかかっているのではないかなど、
自分の手ではマッサージも難しいものです。
そんな時のお役立ちグッズとして
頭皮マッサージ用のブラシをつかってみましょう。
程よい肌触りの柔らかさで頭皮の血行は
どんどんアップします。
育毛剤の浸透もよくなり、育毛効果は上がる一方です。
ネット通販で見てみると
面白いグッズも色々と販売されています。
育毛剤を色々とつかってきたけれど
どの育毛剤も効果が見られなかったという方は、
この機会に是非ヘアケアグッズを使い、
育毛効果をアップしていきましょう。
育毛剤だけに任せずにヘアケアグッズで
育毛剤のお手伝いをしてあげましょう。

女性育毛剤が人気

育毛剤を使う人といえば、
中年を過ぎたおじ様というイメージがありました。
最近では若年層の薄毛が増え、若い方も
多く使用されています。
そして女性にも人気があることも事実なのです。
女性は男性とは違い、髪が細く弱くなり
全体的にボリュームがなくなる傾向があります。
多くは加齢によるホルモンバランスが原因と
考えられていますが、そればかりではありません。
急激なダイエットによる栄養不足に、
過剰なほどのヘアケア、カラーリングやパーマなど、
いくつかの原因が考えられます。
いずれにせよ女性の美意識は何歳になっても終わりません!
髪にボリュームを出し、若々しい印象にするために
女性用育毛剤を使用する方が急増しています。
元気がなくなった髪にハリやツヤを与え、
ボリュームを出していきましょう。
育毛剤には多種多様の栄養素が配合されています。
ご自身の薄毛の原因が何であるのかを把握できれば、
後はその原因に合う成分を配合した育毛剤を使うだけです。
ランキングなども参考にすると
より自分に近い育毛剤が選択できるでしょう。
焦らずゆっくりじっくり栄養を与えていきましょう。

最低半年は育毛剤を使い続ける

育毛剤で1番大事なのが相性です。
自分との相性が合わなければ、
どんなに高級な育毛剤でも長く使い続けても
全く意味がありません。
また育毛剤の使用で失敗しやすい例は、
効果が出ないからと、すぐに使用を中止し
別の育毛剤に切り替えてしまうことです。
育毛剤は薬ではありませんので、
使用後すぐに効果が出るものではありません。
髪にはヘアサイクルというものがあり、
「成長期」→「退行期」→「休止期」という長い年月を経て
髪が成長しています。
単純に言えば、退行期や休止期に育毛剤を使用したところで
意味がないということです。
ですので、効果がないからと使用をやめてしまうのは
非常にもったいないことなのです。
ヘアサイクルの周期は人によって異なります。
そして自分では判断できません。
したがって育毛剤の使用は最低でも半年は継続することを
守っていただきたいのです。
途中で挫折せず、半年使い続けてみて
全く変化が見られなければ別の育毛剤への変更を
考えて見てもいいでしょう。
半年間使い続けても何の変化もない場合は、
ご自身の頭皮に合っていない可能性が高いです。

育毛剤の副作用

髪や頭皮に異常が起こると抜け毛が増えたり
薄毛に悩まされたりと、様々なトラブルが起こります。
そうするとすがりたくなるのが育毛剤です。
育毛剤と名の付くものであれば
何でも悩みを改善できるだろうというのが、
皆さんの思いだと思います。
そして成分が強ければ強い方が
効果が期待できるであろうという思いも
なくはないでしょう。
しかしこの選択がアナタの悩みを
悪化させてしまうことにもなりかねないのです。
育毛剤には副作用が起こる可能性があるということを
頭に入れておかなければなりません。
育毛剤には医薬品扱いのものもあります。
ミノキシジルやフィナステリドという
成分濃度が高いものです。
効果は期待できるものの、成分は強いため
副作用が起きる可能性は十分に考えられます。
その副作用は皮膚に起こるだけではなく、
頭痛やめまい、手足のしびれなど
身体への影響が出ることも少なくはありません。
効果を期待するばかりに副作用を考えずに
育毛剤を選択すると体調を崩してしまいかねません。
育毛剤選びの際には是非このような副作用があるということを
良く考えて決めるようにしましょう。

育毛剤の使いすぎは逆効果に?

髪をキレイにしようと、必要以上にシャンプーをしたり
過剰なケアを行っている人がいます。
頭皮のベタつきを取り除けば
髪がサラサラになるのではないか?
なんて安易な考えは今日でやめにしましょう。
シャンプーのしすぎは頭皮の乾燥を招いたり、
逆に皮脂を過剰に分泌させる原因になります。
当然頭皮トラブルが起こりますので、
1日1回のシャンプーで問題ありません。
そして育毛剤の使いすぎにも注意です。
一日も早く育毛効果を出したい!
その一心で使用法を無視し1日に何度も育毛剤をしようしたり
必要以上の分量をしようしたりする人がいます。
こらは明らかに逆効果となり、
育毛どころの騒ぎではなくなってしまいます。
大事なことは頭皮を健康な状態に戻すこと。
そして健康な頭皮を保つことなのです。
育毛剤は髪を生やす液体ではありません。
頭皮環境を整えるものですので、
過剰に使用しても意味がありませんし、
逆に症状を進行させてしまいます。
育毛剤は焦らずゆっくりと効果を期待しましょう。
使用法、使用量を守って使うようにしてください。
そして確実な効果を期待しましょう。